HOUSE VISIT

お宅訪問 -西尾市 Y邸-

シンプルな空間

プロローグ

今から遡ること11年前。上のお子さんが保育園に上がる前に、そろそろ家を建てようかなと考え始めたY様。
最初は教育環境が整い、駅にも近い場所の土地を紹介してくれたハウスメーカーとの家づくりを進めていました。
そんな時に偶然目にしたのが、エドモントンが設計・建築した住まいが複数立ち並ぶ、外国の街並みを再現したかのような場所での見学会の案内チラシ。その雰囲気に惹かれ、見学会に参加してみることに…。


エドモントンと出会うきっかけになった完成見学会

 

エドモントンを選んだ理由

初めて見たエドモントンの住まいに感じたことは、“質感”の違い。
「ビニールクロスや合板のフローリングで造られたアパートから変化を求めていたということもあったと思いますが、ぬり壁や無垢の床のナチュラルな質感がステキでした。そもそも夫も自然に色落ちしたジーンズみたいに、年月を経て味になっていくものが好きなんです。それに見学した日はとても寒い日だったんですが、玄関に入ったらすごく暖かったのもいい印象でした」。その後、エドモントンから紹介した土地が気に入り、家づくりを本格的にスタートさせました。

 

家づくりのテーマは『素朴』。シンプルな空間に、自分らしさを加えていく楽しみを満喫中

Y様邸のテーマは『素朴』。床は色合いが美しい無垢のオーク。
優しいクリーム色の壁に、扉や框、モールディングで白を効かせたインテリアは、ナチュラルでテーマにピッタリです。間取りのこだわりは、LDKをワンルームのような広々とした空間にすること。対面キッチンとリビング階段も取り入れて、お子さんたちとのコミュニケーションが深まる空間としました。


新築当時のダイニングキッチン/カントリーテイストに似合うアンティーク風のランプを組み合わせた、ナチュラルな雰囲気です。

新築当時のキッチン/オークの床に合わせて造った木製のオーダーキッチン。明るいカウンターと合わせて、温かみのあるコーディネートでまとめました

 

11年経った今も、お子さんたちはLDKで過ごす時間が多いそう。奥様が集めた古道具(アンティーク家具・雑貨)や、ご主人や大工さんだったお父様お手製の家具に彩られ、自らが製作・販売するお洋服の生地なども置かれて、Y様らしさがいっぱい詰まった空間になっています。ここからは、Y様が毎日の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきます。最近では「夫が空間を飾る意味がわかってきたって言うんですよ」と笑う奥様。奥様と同様に古道具にも興味がわいてきているそうです。


味が増したオークの床に、アンティークな家具や雑貨がしっくり馴染んでいます。

 

現在のキッチンダイニング/キッチンカウンター下部には、ご主人の手作りの物入れを取り付けられました。白い扉はペイント仕上げでアンティークな風合いがあります。

現在のキッチン/家具のレイアウトを変え、現在ダイニングテーブルはキッチンの中に。テーブルを囲む椅子は、一脚ずつ異なるデザインのアンティークチェア。木製スツールに、チャーチチェアに、ペイントチェアなど、お気に入りの椅子で食事をされてみえるのでしょうね。冷蔵庫横の棚はご主人の手作りだそう。「夫はこの家づくりに合わせてDIYするようになりました。メンテナンスも好きみたいです」

 

現在のキッチン/たくさんある木製トレイの中には大工さんだったお父様の手作りの作品も。Y様のキッチンにマッチして、木のぬくもりと手仕事の風合いがなんとも言えず、味わい深さを感じさせます。

アトリエでの洋服づくりはライフワーク。ご自宅ではいずれショップをオープンするかも

お子さんが幼稚園のころに始めた洋服づくりは、今では奥様のライフワーク。玄関からLDKへと続く途中に造られたアトリエで、次々と新しい作品を生み出されています。ここもお父様の手で、より作業しやすいスペースへと進化しています。


製作に使う道具も、ショップのように美しくディスプレイされたアトリエ。
椅子は以前ダイニングで使っていたものを使用しているそう。
好きな古道具に囲まれて、創作意欲もますます高まりそうです。

 

吹抜けの玄関は、日差しもたっぷり入り明るく広々とした空間。「いずれここでショップを開くのも夢なんです!」と奥様。

広いホールはトルソーなどを置いて、ショップのようにディスプレイ。白い扉はトイレ。
「トイレも広いので、ここで試着してもらってもいいかなって思っています」

アンティークのショーケースには、奥様の普段使いのアクセサリーを収納兼ディスプレイしています。 玄関ドアはエンジ色。空間のアクセントとしてピリっと効いています。玄関収納もたっぷり造られているため、生活感のあるものはスッキリ片付けられています。 玄関の吹抜けから入る日差しは、2階の階段ホールに光を届ける役割も。カウンターには、お子さんたちの成長をとらえた写真が飾られています。

 

屋根裏はお子さんたちの秘密基地。暮らしを楽しむ姿勢をご両親から受け継いで

つい先日、床を貼った屋根裏はお子さんたちの秘密基地になっているとか。自分たちで寝袋などを持ち込んで、お友達と“おうちキャンプ”を楽しんでいるそうです。暮らしを楽しんでいるご両親の影響もあってか、お子さんたちも自分の住まいを存分に楽しんでいる様子がうかがえます。


 

多肉植物を育てるのがマイブーム。Y様らしさが散りばめられたお庭

長い年月を経てお庭も進化。花壇や水栓廻りに古道具が使われているところからY様らしさを感じます。今は多肉植物を育てるのがブームだそう。お子さんが成長したらいずれここは駐車スペースにするかもしれないとY様。そんな風に家族の成長に合わせて、家がどんどん変化していき、その変化に合わせてエドモントンがお手伝いする、そんないい関係性がこれからも続いていきます。

多肉植物を置いている花壇も古道具。植えているポットも空き缶をリメイクしたり、色を塗ったり、奥様が手を加えています。それぞれ個性があってカワイイものばかりです。

「新築当初はシンプルだったんですが」という水栓廻りは、アンティークショップを営む友人から譲り受けたホーローのシンクを取り付けました。 ご主人お手製のフェンスには、苔がむしていい雰囲気。地面に敷き詰めたタイルもいい具合に風化して味わいが増しています。

 

11年経っても古びない外観デザイン。大きくなった木々が年月を物語る

落ち着いたグレーベージュの外観は、年月がたった今も古びた雰囲気はなく素敵。完成後に植えたシンボルツリーのヤマボウシの成長だけが、11年という歳月を伝えています。

新築当時の外観 現在の外観

 


アプローチのデッキは、年月を経て風合いが増しました。
新築時から置いていたベンチもいい味わいです。


新築時に家を完成させるのではなく、住みながらその人らしさを加えていく、それがエドモントンの住まいの最大の魅力だと再認識させてくれるY様のお宅では、大人が暮らしを楽しんでいる様子は子どもたちにも伝わるのだということも教えられました。Y様の作られる洋服と同じように、ナチュラルでほっこりとしたぬくもりのあるお住まいは、本当に居心地が良くて素敵でした。Y様、ありがとうございました!

 

 

 

 

IMFORMATION

EVENT

[2017.11]
11月 クリスマスリース作りのお知らせ


雑誌掲載のおしらせ
『所ジョージの世田谷ベースvol.34』
2017年3月31日発刊
ガレージライフを満喫されてみえるエドモントン輸入住宅のオーナー様の家を紹介しています。