CONSTRUCTION CASE

ガレージハウス

西尾市一色町 M邸


01
02
03
04
05
06
07
08
01

ご主人の大切にしている車がすっぽり入るくらい大きなガレージ。
そんなガレージドアが印象的なアメリカンハウスが出来ました。
帰ってきた家族を迎えるさわやかな印象のブルーの壁は、ドアやキッチンのホワイトが引きたてられて、とても素敵な空間に演出しています。2階にあがると、家族みんなの好きな色で塗り分けられたパステルカラーのお部屋が、気持ちも明るくしてくれるでしょう。

ガレージハウスは車好きにとっての「夢」。
そんな憧れのガレージを2台も備えたお宅になっています。
愛すべき車を眺めながら、少しずつ手を入れていく、そんな素敵なガレージライフを実現しました。
内装は、濃い色を使って落ち着いた雰囲気に。リビングは、天井の吹抜けや大きな掃き出し窓で、とても開放的に感じる事ができるくつろぎの空間になりました。

ガレージ訪問 <2012年2月取材日誌>


2011年完成
大きなガレージドアを付けたい!

初めて見学会に来てくださった時、ご家族で大きなダッジに乗ってこられたのがとても印象的だったお客様。ご主人の大切にされている車とバイクがすっぽり入るくらいの大きなガレージと大屋根のお家が建てたいという事で、提案したプランを気に入っていただき、完成しました。

ガレージ/29.6㎡



ご結婚される前、よく奥様とお出かけするのに使っておられたマウンテンバイク。今では台数も増えたので、高さを有効活用して収納されています。 ボンネットが開いた左のお車がガレージの主役。
今まさに手をかけているとことですね。奥の棚もご主人お手製です。

// MY SPACE //

ご主人専用スペースは、昔から大事にしてきたラジコンたちを飾っています。まめなご主人はこちらで、次は何を作ろうか練っているのでしょうか。ガレージ内に集まった物は、昔から愛着を持って大切にしてきたものばかり、唯一、このガレージを手に入れたことで、増えたアイテムがこの右下のコンプレッサーだそうです。まさに、ご主人にとって素敵な書斎スペースですね。

// CHECK!! //

右の写真のベンチは、2×4材を差し込むだけの簡単手作りベンチ。
カインズホームで手に入るそうです。
2×4材をホワイト塗装すれば、お家の雰囲気にピッタリ合いますね。奥に見える門扉もご主人お手製。

こちらで、お車を眺めるもよし、お子様がお庭で遊んでいるのを見守るのもよし、ですね!

M様、取材のご協力どうもありがとうございました。

 

// CAR Collection//

  • 1969年 シボレー(Chevrolet)カマロ マッスルカー
  • 1997年 ダッジ(Dodge) ピックアップトラック

 

// ガレージのPOINT//

オリジナルで、自分の好きなように作ること。

 

 

 

 

IMFORMATION

EVENT

[2017.8]
8月 半田市見学会のお知らせ


雑誌掲載のおしらせ
『所ジョージの世田谷ベースvol.34』
2017年3月31日発刊
ガレージライフを満喫されてみえるエドモントン輸入住宅のオーナー様の家を紹介しています。